スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ボランティア報告2

10月になりました。

急に気温が下がって本格的に季節が変わった神戸です。


遅くなりましたボランティア報告の2です。


南三陸町 名足(なたり)地区仮設住宅、入谷(いりや)地区福祉型仮設

           津波被害の建物 




           がれきの様子



南三陸町は津波の被害が大きく、

いたるところにがれきや崩れた建物が残されていました。

まずお邪魔した名足の仮設住宅は近くで被災されたご近所同士で入居されている施設です。

長町の仮設とは違って、もともとあったコミュニティーが保たれているので

和やかな雰囲気の中での施術となりました。

やはり鍼灸は初めての方ばかりで躊躇されていましたが、

みなさんの和やかな雰囲気に助けられてハリやお灸に挑戦される方も出て、

お越しになった方全員に施術をすることができました。


とても元気なムードメーカーの自治会長さんのお体の疲労が大変なものだったこと。

今やっと涙が出るようになったと話された目を赤くはらしたおばあさま。

水曜恒例のお茶っ子会に混ぜてもらっていただいたお漬物のおいしかったこと。

すぐ近所に残された住めなくなった家々。 思い出されます。




次にお邪魔した入谷福祉型仮設はお年寄りのケア施設ですが、

お年寄りも職員の方もみな被災者でした。

ほとんどの方が家を流され、仮設住宅に暮らしながら入谷の仮設に通勤されています。

職員の方に鍼灸経験者がおられたので、その方の宣伝もあって

15名もの方に施術することができました。

どの方のお体も疲労が蓄積されていますが、治療を受ける機会もなくなっていました。

           
小さな仮設には体のケアなどの支援は入りにくいといわれています。

被災された方は支えあって精一杯過ごされていましたが、疲労は蓄積していきます。

ただの疲れではなく、めまい、不眠、自律神経症状、それに伴っていく慢性病の悪化…

気持ちだけでは引っ張っていけません。

支援の入りにくい小さな仮設にも鍼灸は必要です。

お配りしたローラー針とお灸、セルフケアのパンフレットが少しでも助けになればと願います。


配布したローラー針やお灸の提供、またカンパをいただきました企業・団体

反応点治療研究会 http://www.hannoten.com/aboutus/index.html

株式会社タフリーインターナショナル http://www.tou-free.co.jp/

せんねん灸・セネファ株式会社 http://www.sennenq.co.jp/company/outline.html



彩はり灸院 http://ayaharikyu.web.fc2.com/


















2011-10-01(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ayaharikyu

Author:ayaharikyu
神戸三宮で小さな鍼灸院を営む鍼灸師
鍼灸で毎日をもっと豊かに!
をテーマに実践中
大好きな神戸、大好きな鍼灸
2つのある毎日

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。