スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

胃腸が

桜の季節到来ですね

やっぱり桜はきれいですね~

まだお花見に行けてませんが、車からちら見しています


春といえば

ウドやふきのとう つくし 高菜 山菜などなど おいしいものがたくさん出てきますね~

だからでしょうか

最近 胃や腸などの消化器系の反応がしっかり出ている患者さんが増えています


”春は苦み” というそうです。

春の食べ物にはアクもたっぷり。 消化器にはそれなりに負担がかります

この頃は のきなみしっかり出ている患者さんの胃の反応に やさしいハリ灸刺激をくわえてます


おいしく食べるためにハリ灸も良いですが

よく噛んで食べたり、一度にたくさん食べ過ぎないようにするのも大事

あとは お腹さすり

お腹さすりといっても馬鹿にできません

皮膚にはたくさんの神経があり 外部からの刺激に その都度 敏感に対応しています。

ハリ灸でも 体の奥深くよりも 皮膚表面への刺激がいちばん効果的だと考えています

皮膚刺激は 皮膚につながる感覚神経や自律神経に働きかけて 血行をよくしたり、消化を促したりできます

お手当て って ただ安心するだけじゃなくて ちゃんと効くんです



2010-04-05(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ayaharikyu

Author:ayaharikyu
神戸三宮で小さな鍼灸院を営む鍼灸師
鍼灸で毎日をもっと豊かに!
をテーマに実践中
大好きな神戸、大好きな鍼灸
2つのある毎日

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。