スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

なぜ肌荒れになるの?2

今日は なんで同じようなところに肌荒れができるのか? についてです



肌荒れは治ってもまた同じようなところにできてきます

たとえば顔なら目のまわりだったり、 いつも同じ側の頬だったりします

体なら ひじや ひざ、 指もできやすいところです。




共通するのは お肌の下の筋肉がきゅっと締まっているところ



お肌に栄養を届けたり、新しい健康な細胞が作られるためには


血液と、リンパ液の循環が良くないとうまくいきません。



ぴちっとしまって余裕のない部位は ほかより循環がわるくなりやすいのです。



そしてもうひとつ 肌荒れのできる部位の下の環境が悪いかもしれません。

皮膚の下の状態は神経のつながりから皮膚に反映します。

片方の頬の肌荒れなら、 噛み癖があって片方頬の循環が悪いとか、

片方の鼻がつまっている、 虫歯があるなど。



からだの内側も 外側も 心も しっかりつながっています




彩はり灸院 http://ayaharikyu.web.fc2.com/


2010-08-02(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ayaharikyu

Author:ayaharikyu
神戸三宮で小さな鍼灸院を営む鍼灸師
鍼灸で毎日をもっと豊かに!
をテーマに実践中
大好きな神戸、大好きな鍼灸
2つのある毎日

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。