スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

むくみのこと

担当の入院患者さんは両足がむくんでいます。

しばらく軽くなっていたのですが、今週に入ってむくみが増しました

むくみには腎臓性のもの、心臓性のもの、リンパ管の不具合、肝硬変や甲状腺が関わるものなどがあり、原因は様々です。

患者さんは両下肢の、押すとへこむ軟らかいむくみで、心臓性だと考えられます。


心臓は拡張と収縮を繰り返すことで血液とリンパ液を全身にめぐらせています。

加えて日常生活の呼吸による肺の運動や、足など骨格筋の運動がポンプの役割を果たして心臓の働きを補っています。

高齢で、歩くのが不自由な患者さんは、血液、リンパ液の循環を心臓によるところが大きく、普段から負担がかかっていたと考えられます。

心臓はラジエターのような役割もしています。

常に血液をめぐらせることで体を冷やしたり、温かい血液を全身に運んで体温を保持したりしているのです。

暑すぎる日や、寒すぎる日には心臓にはいつもより負担がかかります。

先週まで暖かかったために今週の寒さはひとしお。

今日の心臓も頑張ったはず  とても寒かった~


普段から負荷がかかっていたところに寒さがやってきて、心臓のポンプ力も悲鳴をあげています。


足の循環を良くするお灸と、心臓のツボにローラーをすることで少しずつむくみが引いてきました。


ローラー鍼を使うと、患者さんに負担をかけずにとても良い刺激をおくり、心臓を補うことができます。


患者さんも  えぇあんばい とやわらかい顔に   そのうちうとうと



ローラー鍼が活躍です






2010-02-05(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ayaharikyu

Author:ayaharikyu
神戸三宮で小さな鍼灸院を営む鍼灸師
鍼灸で毎日をもっと豊かに!
をテーマに実践中
大好きな神戸、大好きな鍼灸
2つのある毎日

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。