スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

下痢で腰痛?

いつもは股関節の痛みが強い入院患者さん、今は腰の方が痛くて困っておられます。

骨が折れただろうか…。と心配されるほど。

でも 痛みのほとんどは筋肉が原因です。

骨のまわりには保護するようにたくさんの筋肉がついています。

なにか負荷がかかってまず傷害されるのは骨を守る筋肉だからです。


何か変わったことがなかったか聞いてみると、

患者さんはここ数日下痢が続いているそうです

下痢は腸の炎症です。

内臓に疾患があると、その情報は内臓につながる自律神経などの神経を通して、背骨を通る脊髄神経に伝わり、反射的に同じ神経支配の筋肉を緊張させます。

持続する筋肉の緊張は痛みの感覚を起こします。


脊髄神経の同じ領域にある、腸などの内臓の不調は腰の筋肉を緊張させて痛みを起こします。


慢性腰痛がある方、ぎっくり腰になりやすい方、お腹の不調がありませんか?


患者さんにはさっそくお腹の反応にお灸しました


内臓は筋肉と違って痛みを感じにくいので、内臓の不調は見逃されがちです

腰の痛みがあるときには、お腹の治療が必要です






2010-02-09(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

ayaharikyu

Author:ayaharikyu
神戸三宮で小さな鍼灸院を営む鍼灸師
鍼灸で毎日をもっと豊かに!
をテーマに実践中
大好きな神戸、大好きな鍼灸
2つのある毎日

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。